身の回りで起こる水のトラブルをゼロにするためにできること

身の回りで起こる水のトラブルをゼロにするためにできること 家の中で水を使用する場面はとても多くありますし、私達は日常生活の中で当たり前に水を使用して生活をしています。人間が生きていく上で水はなくてはならないものであり、水分として摂取する他にも、食事を作る、体を綺麗にする、歯を磨く、排泄をする、洗濯をするなど、様々なところで使用しています。
では、家の中で使用している水の設備にトラブルが起こったとき、迅速に対応することはできるでしょうか。おそらく多くの人が慌ててしまい、落ち着いて適切な対処をすることができないのではないでしょうか。そこでここでは、身の回りで起こる水のトラブルや対処法、そして水のトラブルをできるだけ引き起こさないためにできることなどを紹介します。

■水のトラブルが起こりやすい場所

家の中を見渡してみると、水を使用する場所や設備はいくつかあり、キッチンやお風呂、トイレや洗面所などが該当します。これらの場所は快適に、そして健康に過ごしていくために欠かせない設備や場所であり、どれも毎日の生活になくてはならないものです。起こりやすい水のトラブルとしては、排水口の詰まりやトイレの詰まり、蛇口やシャワーヘッドからの水漏れなどが挙げられます。
一度水漏れなどのトラブルが起こってしまうと、床などに水が広がってしまったり、マンションなどの集合住宅の場合は、他の部屋にも水が流れていってしまうので、放置することはできず、自分で水道 修理をしたり業者に依頼をして修理をしてもらう必要があります。

■集合住宅の場合は賠償問題に発展する可能性が高い
住居の中で水に関するトラブルを引き起こしてしまうと、修理には費用がかかりますし、床などが水浸しになっている場合、汚水が逆流している場合は自分で掃除などをしなければならず、とても面倒です。そしてさらに、集合住宅の場合は漏れた水が天井や壁を伝って他の部屋に流れてしまうことで、周辺の住民に大きな迷惑をかけることになってしまいます。こうなると、謝罪して済むものではなく、責任から逃れることはできなくなることがほとんどです。
マンションの管理組合などは、すぐにトラブルの原因を調査し、個人に責任がある場合は、建物の修繕や住民の部屋にある家電や家具などの買い直しのために高額な費用を、賠償金として請求することになります。

■トイレの詰まりは大惨事に繋がる

住宅の水漏れや詰まりなどの水に関するトラブルの中でも、最も厄介なのがトイレの詰まりです。大量のトイレットペーパーを一度に流した、子供がおもちゃを流した、スマホを便器の中に落として取れなくなった、生理用のナプキンや紙おむつを流した、猫砂や猫の糞を流したなど、トイレが詰まってしまう原因はいくつもあります。
詰まることで水が流れなくなるだけではなく、汚水が逆流して床などに広がる可能性も高くなります。汚水と一緒に汚物も逆流してくることになるので、室内の衛生状態は最悪なことになり、異臭も漂います。トイレの詰まりが重度になると、多くの場合こういった状況に陥ってしまいます。
水のトラブルの原因は、水漏れなどが起こっている場所にもよりますが、経年劣化と人為的なものに分けることができます。水回りの部品などにも寿命があることから、ある程度年数が経過している場合は老朽化を免れることはできません。人為的なものは、普段からしっかりと意識することで未然に防ぐことができるトラブルもたくさんあります。

■まとめ
水に関するトラブルが起こると、水道を使用することができなくなる、キッチンやトイレなど水を使用する設備を使うことができなくなるなど、生活に様々な支障をきたしてしまいます。水に関するトラブルは実は意外と頻繁に起こるもので、まだ経験したことがないという人も、万が一に備えて知識を蓄えておくことが大切です。
万が一、身近で水に関するトラブルが起こっても慌てずに済むように、普段からトラブルを防止する習慣を身につけることが大切ですし、トラブルが発生した場合は、すぐに相談や修理の依頼をすることができる業者を見つけておくなど、対策をとっておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース